女子バレーボール部

南部地区新人戦予選!(2020年01月19日)

南稜高校・川口東高校を会場に南部地区新人戦が開催されました。

1回戦 浦和南 対 上尾橘

     25 − 7

     25 − 8

2回戦 浦和南 対 大宮北

     25 − 1

     25 − 12

以上の結果により、ベスト8に進出し、県大会出場を決めました。

3回戦 浦和南 対 国際学院

     25 − 20

     16 − 25

     16 − 25

ベスト4進出をかけた国際学院との対戦。1セット目はこちらの攻撃が冴え、勝負所で決めることができ相手に流れを渡さずにとることができました。2セット目になると国際学院のミスが減り、思い切ったプレーが増えてくると、浦和南はそれを受けて跳ね返すことができず、2セット続けて落としてしまい、敗北しました。

大会全体を通して、良いリズムで試合に臨むことができました。特に代表決定戦の1セット目においては、ミスを1本も出さないゲームをすることができました。かなりバタバタして臨んだ10月末の選手権予選とは大きく異なり、成長した姿を見せてくれました。

また、この新人戦を経て以下の事が達成できました。

 〇4年連続で新人戦県大会に出場できました!

 〇2019年度全ての県大会に出場することができました!

県大会では一つでも多く勝てるよう練習します。応援ありがとうございました。

    

埼玉県選手権予選!(2019年12月10日)

サイデン化学アリーナを会場に、埼玉県高校選手権予選が開催されました。本校は初戦で坂戸西高校と対戦しました。

浦和南 対 坂戸西

 23 − 25

 16 − 25

1セット目、リードされるも強気のサーブで流れを取り戻し差を縮める展開。要所でブロック・スパイクが光り、南高のストロングポイントが生かされます。22−22で同点に並ぶも、そこから連続失点でセットを落とすと、そのままの勢いで2セット目を押し切られてしまいました。

接戦になっても落ち着いたプレーをした坂戸西に敬意を払う反面、南高としてはあと一歩が詰め切れずに悔しい敗戦となりました。チーム作りをしてから序盤のうちに県大会を経験したことを生かし、次の県大会では勝利獲得を目指します。

また、大会3日目には大会役員として参加しました。

本校は大宮南高校と一緒に、準決勝のラインジャッジ・点示、決勝戦のボールレトリバー・モッパー・ラインジャッジ・点示を行いました。テレビ放映される試合であることからビデオカメラがある状態での役員運営でしたが、生徒は緊張しながらも役割を全うし、役員の先生方から褒めて頂きました。

大会に出場すること・役員として必要とされること・学校生活を頑張れること、この3つができることが南高女子バレー部の良いところだと考えています。これからも応援よろしくお願いします。

    

南部地区選手権予選!(2019年10月27日)

本校、いずみ高校を会場に南部地区選手権予選が開催されました。

本校はシード校であるため、2回戦から出場しました。

浦和南 対 大宮開成

      25 -  15

      25 -  19

浦和南 対 浦和麗明

      25  -  10

      25  -  14

以上の結果、ベスト8に進出し県大会出場を決めました。

浦和南 対 埼玉栄

      12  -  25

      22  -  25

ベスト4進出を目指して戦うも、やはりシードの壁は厚く、敗退してしまいました。

昨年度は代表決定戦で敗退してしまいましたが、今年度からは県大会出場校数が2校増えたため、同じベスト8という成績ですが県大会に出場することができました。ベスト8で県大会に出場できなかった先輩たちに恥じぬよう、県大会では精一杯戦ってきたいと思います。

応援ありがとうございました。

    

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 47 | 48 | 49 || Next»

ご案内

  • 在校生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 受験生の方へ
気象警報発令時の授業対応
南高の部活動
学校自己評価シート
浦和南高等学校は、進学重視型単位制高校へ
  • 同窓会のお知らせ
  • 地域の皆さんへ
  • 人事応募・希望表明シート
学校からのお知らせを携帯でチェック
このページの先頭へ