女子バレーボール部

埼玉県選手権予選役員!(2018年11月11日)

11月11日、サイデン化学アリーナを会場に選手権埼玉県予選が開催されました。

本校は、準決勝のラインジャッジと点示、および決勝のラインジャッジとフロアモッパーの役員として参加しました。

ここ5年、本校は春高予選の決勝やVリーグでのコートアシスタントの役員をしています。そのかいあって、顧問が生徒にやり方を教えなくても仕事の内容が先輩から後輩へ伝わっているようです。これも南高バレー部の素晴らしい伝統の一つであると思います。

出場チームとして大会に参加することはできませんでしたが、このような形で必要とされるのは嬉しいことです。

新人戦に向け、より一層の努力をしていきたいです。

南部地区選手権予選!(2018年10月28日)

10月27日、28日に浦和南高校と大宮高校を会場に南部地区選手権予選が開催されました。

本校はベスト8に進出したものの、県大会に出場する代表決定戦で敗北したため、県大会出場を逃しました。以下が結果になります。

浦和南 − 浦和学院 (2回戦)

 25 − 13

 25 − 13

浦和南 − 浦和麗明 (3回戦)

 25 − 8

 25 − 13

浦和南 − 埼玉栄 (準々決勝)

 13 − 25

 25 − 22

 17 − 25

浦和南 − 大宮商業 (代表決定戦1)

 17 ー 25

 25 ー 14

 19 − 25

浦和南 − 浦和北 (代表決定戦2)

 14 − 25

 12 − 25

初のベスト4進出を狙って臨んだ大会でした。大きな目標を掲げて練習した結果、市内大会で32−34の大デュースを演じた埼玉栄高校に公式戦で1セット取ることができましたが、もう1セットは取ることができませんでした。その後の代表決定戦では、集中力を欠き、3連敗を喫してしまいました。選手・監督ともに公式戦で確実な1勝を挙げることの難しさを身をもって体験しました。

今回の公式戦で5試合経験できるのは、優勝・準優勝チーム、代表決定戦勝ち・代表決定戦負けチームの4チームのみです。試合での悔しさは試合でのみ晴らせるといいます。この経験が次回の新人戦で生きるように練習に励んでいきたいと思います。

応援にきて頂いた保護者・OBのみなさん、大会役員の先生・生徒のみなさん、ありがとうございました。

     

南部地区1年生大会!(2018年09月28日)

県立川口高校を会場に南部地区1年生大会が開催されました。

浦和南高校はグループリーグで上尾高校と県立川口高校と対戦しました。

浦和南 対 上尾

 25 − 13

 12 − 25

1セット目、レフトのオフェンスが冴えてリードを重ねましたが、2セット目にリズムを崩すと連携ミスやサーブレシーブミスを連続してしまい、リードをとられて落としました。

浦和南 対 県立川口

 25 − 13

 25 − 12

チームミスを少なくしてゲームを進めることができました。途中、リズムを失いそうになった場面がありましたが、選手同士で声を掛け合い流れが県立川口に傾くのを防いでいました。

以上の結果、セット率では上尾高校と並び、得失点での順位決定となりましたが、「2点」失点が多かったために上尾高校がリーグ1位、浦和南高校がリーグ2位という結果になりました。

リーグ敗退でしたが、4セット中3セット取得という成績を修めることができました。1年生の結果に弾みをつけ、来る選手権予選を迎えたいと思います。

台風が近づいているなか大会を運営して頂いた顧問の先生方、応援にいらしていただいた保護者のみなさま、ありがとうございました。

   

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 43 | 44 | 45 || Next»

ご案内

  • 在校生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 受験生の方へ
南高の部活動
学校自己評価シート
浦和南高等学校は、進学重視型単位制高校へ
  • 同窓会のお知らせ
  • 地域の皆さんへ
  • 人事応募・希望表明シート
学校からのお知らせを携帯でチェック
このページの先頭へ