女子バレーボール部

埼玉県関東大会予選!(2018年05月11日)

岩槻文化公園体育館を会場に、埼玉県関東大会予選に出場しました。

本校は1回戦で聖望学園と対戦しました。

浦和南 − 聖望学園

  11 − 25

  17 − 25

立ち上がりが悪く、相手のオフェンスに翻弄される展開となりました。紅白戦や地区予選で決まっていたこちらの攻撃のほとんどが拾われてしまっていました。しかしながら、会心のオフェンスは点数に結びついていましたので、こちらのやりたいオフェンスをどれだけ発揮できるかがカギとなるのかと思いました。

この5年間で県16強への挑戦を4回しましたが、まだ一度も至っていません。県で勝ち進んでいくには、さらに自分達自信を高めていかねばならないと改めて感じました。

平日にも関わらず応援に来て頂いた保護者の皆さま、また役員の方々、ありがとうございました。

           

南部地区春季大会!(2018年04月21日)

岩槻商業高校・国際学院高校を会場に、南部地区春季大会が開催されました。

本校はシード校であったため、2回戦に川口市立高校と対戦しました。

浦和南 − 川口市立

 25 − 21

 25 − 15

序盤、サーブレシーブが安定せず、先行される場面がありましたが、給水タイムで落ち着くと逆転することができました。

続く3回戦で川口東高校と対戦しました。

浦和南 − 川口東

 27 − 25

 21 − 25

 25 − 22

両チームともにスパイク力よりレシーブ力が勝っており、長いラリーが続く展開が重なりました。長時間にわたるゲームでしたが、要所でのミスを抑えることができたので、最終的な勝利を得ることができたのだと思います。この試合を持って地区ベスト8に入り、県大会出場が決まりました。

続く4回戦(準々決勝)で大宮南高校と対戦しました。

浦和南 − 大宮南

 21 − 25

 25 − 20

 23 − 25

ディフェンスで粘り、ミスの少なさとネット際の強さで勝ろうと臨んだゲームでしたが、逆にレシーブで粘られ、ミスの多さで敗れてしまいました。特にサーブとサーブレシーブでのミスが目立ち、簡単に点数を相手に献上してしまいました。南部ベスト4まで目前まで迫りましたが、そこに到達するにはまだまだ練習が足りないようです。

以上の結果、浦和南高校は2大会連続で地区ベスト8に進出し、県大会出場を決めました!一つ上の代が、新人戦でベスト8に進出し春季大会では県大会に出場できなかったので、選手たちはその結果を越えてやろうと春の練習に臨んでいました。顧問の私が、新学年への準備や姉妹校受け入れのセッティングなどのためにほとんど練習を指導できない状況でしたが、選手同士で声をかけあい、互いを高めあった成果だと思います。

県大会でも活躍できるよう、GWの練習に励んでいこうと思います。応援に来てくださった保護者のみなさま、ありがとうございました。

  

春合宿!(2018年03月30日)

3月27日〜3月29日の日程で、春合宿を行いました。

合宿の会場になったのは加須げんきプラザ。体育館も十分な広さであり、かつ埼玉県の高校生は安価で利用できます。人気の施設なので、この時期に仕えたのは幸運でした。

春休みに入るまでは主に個人の技術練習を中心に行ってきているので、この合宿では部員の多さを生かして紅白戦を中心としたゲーム練習を行いました。紅白戦と言えども、お互いにセットごとに変化をつけ臨んだので、白熱したゲーム展開になりました。最終日には、夏合宿を共にした進修館高校を呼び、両チームの成長を実感しました。

この春合宿は、2年生の部員が中心になって計画しました。始めて使う施設であったので、足りない物品がないといけないといくことで下見を行い、万全の体制で臨もうとしました。また、練習時間、内容、食事時間なども自分たちで決めました。チームを引っ張る最上級生になるために、一皮むけたようでした。

このまま勢いをつけ、春の大会に臨みたいと思います!加須げんきプラザの方々、保護者のみなさん、ありがとうございました。

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 41 | 42 | 43 || Next»

ご案内

  • 在校生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 受験生の方へ
南高の部活動
学校自己評価シート
浦和南高等学校は、進学重視型単位制高校へ
  • 同窓会のお知らせ
  • 地域の皆さんへ
  • 人事応募・希望表明シート
学校からのお知らせを携帯でチェック
このページの先頭へ