お知らせ

【校長ブログ】EdTech(エドテック)を巡る議論(2019年11月13日)

 「学校は良くも悪くも時代の変化に鈍感だ」と言われることがあります。校長として4月に着任して7カ月が過ぎ、ほとんどの先生方の授業を見ました。昨年度、いろいろな会議でご一緒した戸田市教育委員会の 戸賀崎 勤 教育長は「教育現場における“気合、経験、感”の3Kからの脱却」を提唱され、戸田市内の小・中学校において積極的にICTを学校教育に取り入れています。浦和南高校でも確実に授業においても部活動においてもICTの活用の場面が増えています。

 EdTech(エドテック)という言葉が近年注目されています。EdTech(エドテック)は、教育(Education)とテクノロジー(Technology)からなる造語です。

 文部科学省は令和7(2025)年度までに先端技術を活用して“個別最適化された学び”の実現を目指すとしています。経済産業省は「未来の教室とEdTech研究会」を設置し、EdTechの力で子供たち一人ひとりに最適な学びとSTEAMの学び一人ひとりが未来をつくる当事者(チェンジ・メイカー)になることを提言しています。

 STEAM教育とは、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Art(芸術)、Mathematics(数学)の各教科での学習を実社会での問題発見・解決にいかしていくための教科横断的な教育ことであり、これからの学びの重要な視点になってきます。

 11月7日の読売新聞朝刊「教育ルネサンス」では、浦和南高校サッカー部の取組が取り上げられました。6月26日の校長ブログでもご紹介しましたが、浦和南高校は、NTTデータ経営研究所を事務局とした49の企業、大学、自治体などで構成される「Sports-Tech&Business Lab」(STBL)というコンソーシアムにおけるテクノロジーによる部活動改革という分科会のプロジェクトに全国の高校で唯一参加しています。昨日も職員室でサッカー部顧問教諭が、高所から撮影したサッカー部の試合動画をパソコンで見ながら試合展開を分析していました。

 授業観察をしていて感じたことは、浦和南高校では授業でプロジェクターを活用している教員が多いことです。ある先生は毎時間、プロジェクターを買い物かごに入れて教室に向かいます。英語や国語で本文を提示して文章構造を解説したり、数学では公式の図解化、地歴公民や理科では映像を活用して臨場感を持たせるなど、あの手この手で工夫しています。かつての黒板とチョークの授業とは大きく変わってきています。学びのスタイルが変化する中で、教育環境の整備は必須です。校長としては、浦和南高校に来年度中にいつでもICTを活用した授業ができるように電子黒板機能が付いた短焦点プロジェクターを各教室に設置する準備を進めています。

 EdTech(エドテック)の時代、ICTを活用して教材の共有化などにより教員の授業準備の時間を短縮することは可能だと思います。また、民間事業者の自学自習用の動画コンテンツを活用して、個別学習に取り組ませることもできるようになりました。授業でも部活動でも、生徒一人ひとりの心に仕掛けるのは教員です。何事も最後は、生徒一人ひとりに“やる気”を呼び起こすのかがポイントです。その仕掛けはICTだけでは難しいように感じます。最後は、教員の“熱い一言”ではないでしょうか。

【校長ブログ】大学入学共通テストにおける英語民間試験活用延期について(2019年11月01日)

 大学入学共通テストにおける英語民間試験活用の延期が急遽決まりました。取り急ぎ11月1日付けで生徒諸君、保護者の皆様に文書でお知らせしましたので紹介します。文部科学大臣のコメントも一緒にお知らせしました。

生徒諸君、保護者の皆様へ

 保護者の皆様におかれましては、日頃から本校の教育活動への御理解御協力を賜り、深く感謝申し上げます。さて、今朝の報道等にもありましたが、文部科学省は、大学入学共通テストにおける英語民間試験の活用について、現在の高校2年生から対象となる令和2(2020)年度に実施する大学入試からの実施を見送ることとしました。現在の中学1年生から対象となる令和6(2024)年度に実施する大学入試から適用するとのことです。

 現行の大学入試センター試験は来年1月の実施を最後に廃止され、現在の高校2年生から対象となる大学入学共通テストは予定どおり実施されます。大学入学共通テストでは、現在のマークシート形式に加え、数学と国語の一部に記述式が導入され、知識・技能に加えて思考力・判断力・表現力が問われる出題の増加が予想されます。英語では、現在の大学入試センター試験における長文読解とリスニングの配点比率が4:1であるのに対し、1:1となり、リスニングの配点比率が高まります。今回延期される英語民間試験活用は、ケンブリッジ大学英語検定機構、日本英語検定協会、ベネッセコーポレーションなど民間6事業者が、受験年度の4〜12月に受けた2回までの成績を国の英語成績提供システムに登録することができ、合否判定などに利用する予定でした。全国の国公私立大学の約6割にあたる629校が、「出願資格として活用する」「加点する」など、大学によって活用方法が異なるものでした。

 浦和南高等学校では、従前から高校在学中に実用英語技能検定(いわゆる「英検」)2級(高校卒業程度)取得を目標に指導しており、3年次における英検準2級(高2程度)の取得率は93%となっています。今回の活用延期によって、本校英語科で取り組んでいる「聞く・話す・読む・書く」の英語4技能を伸ばす英語教育が否定されたわけではありません。浦和南高等学校といたしましては、生徒諸君、保護者の皆様に、大学入試制度の変更などの情報について、今後も各ホームルームにおける説明や学校ホームページなどにおいて正確な情報を伝えてまいります。

 生徒諸君、保護者の皆様におかれましては、動揺することなく、各自の進路第一希望実現を目指し、日頃の学習に取り組んでもらいたいと思います。

 

〈文部科学大臣コメント〉受験生をはじめとした高校生、保護者の皆様へ

 文部科学大臣の萩生田光一です。皆様に、令和2年度の大学入試における英語民間試験活用のための「大学入試英語成績提供システム」の導入を見送ることをお伝えします。
 大学入試における英語民間試験に向けて、今日まで熱心に勉強に取り組んでいる高校生も多いと思います。今回の決定でそうした皆様との約束を果たせなくなってしまったことを、大変申し訳なく思います。
 英語民間試験を予定通り実施するかどうかに関しては、高校生をはじめ多くの皆様から、賛成・反対、様々な意見をいただいてきました。
 私としては、目標の大学に向けて英語試験の勉強を重ねている高校生の姿を思い浮かべながら、当初の予定通りのスケジュールで試験を実施するために、連日取り組んできました。
 しかし、大変残念ですが、英語教育充実のために導入を予定してきた英語民間試験を、経済的な状況や居住している地域にかかわらず、等しく安心して受けられるようにするためには、更なる時間が必要だと判断するに至りました。
 大学入試における新たな英語試験については、新学習指導要領が適用される令和6年度に実施する試験から導入することとし、今後一年を目途に検討し、結論を出すこととします。
 皆様が安心して、受験に臨むことができる仕組みを構築していくことをお約束します。
 今回、文部科学省としてシステムの導入見送りを決めましたが、高校生にとって、読む・聞く・話す・書くといった英語4技能をバランスよく身に付け、伸ばすことが大切なことには変わりがありません。
 グローバル化が進展する中で、英語によるコミュニケーション能力を身に付けることは大変重要なことです。皆様には、これからも日々の授業を大切にするとともに、それぞれの目標に向かって努力を積み重ねて頂きたいと思います。
   令和元年11月1日 文部科学大臣 萩生田光一

 

 

第3回学校説明会のお知らせ(2019年10月29日)

第3回学校説明会を下記の通り実施します。

11月9日(土)

受 付 13:00〜13:30

説明会 13:30〜14:30

会 場 本校第1体育館

補 足 ※この日は土曜授業の公開もしています。(10:50〜12:50)

    ※説明会終了後16:00まで部活動や校内の見学ができます。また、個別相談も受け付けます。

     11月9日(土)部活動実施一覧はこちら→部活実施一覧

    ※事前申し込みは必要ありません。

    ※上履きと下足袋をご持参ください。

    ※駐車場がありませんのでお車での来校はご遠慮ください。

    

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 28 | 29 | 30 || Next»

ご案内

  • 在校生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 受験生の方へ
気象警報発令時の授業対応
南高の部活動
学校自己評価シート
浦和南高等学校は、進学重視型単位制高校へ
  • 同窓会のお知らせ
  • 地域の皆さんへ
  • 人事応募・希望表明シート
学校からのお知らせを携帯でチェック
このページの先頭へ