お知らせ

2013年03月29日

50周年記念式典ごあいさつ

多くの皆様のご協力をいただき、一年かけて特色ある事業を展開した南高50周年記念year が
この3月で終了いたします。

 お隣の辻小学校3年生がエスコートキッズとして、お祝いに駆けつけてくれた体育祭。 生徒会が
中心になって作ったシンボルキャラクター「ミーナちゃん」の販売や、卒業生による手作りコーナー
が大好評だった文化祭。アイデアいっぱいの生徒のみなさんに作っていただいたシンボルマーク、
キャッチフレーズ。 PTA事業とタイアップして開催した文化講演会では、赤き血のイレブンのモデル
となったサッカー部OBの永井良和氏をお招きし、講演のみならず生徒も参加してのパネルディス
カッションで会場を盛り上げていただきました。  
式典当日は、吹奏楽部、音楽部の演奏、更に第一線で活躍されている1期卒業生のフラメンコ
ギターリスト東権正男氏によるプロフェッショナルな魅力あふれる舞台で、南高50周年のお祝いに
華を添えて下さいました。
また、同会場で開催された記念展示は、来場者の皆様に非常にレベルの高い展示とお褒めの言葉
をいただき、現在までの卒業アルバムが展示されたブースでは、若かりし頃の先生方の写真に歓声
の上がる生徒の姿が数多く見られました。
従来の型を破った斬新な記念誌。南高=赤のイメージを一新した記念品。同窓会から寄贈いただいた
LED照明灯の設置、生徒のみなさんが気持ちよく勉学に励み、充実した南高ライフを堪能してもらえる
よう一新された机と椅子の購入を最後に、すべての事業が終了し、50周年yearは幕を閉じます。 
このような大事業の実行委員長として、ご期待に添えない場面や、ご迷惑をお掛けしたことも多々
ございましたが、未熟な私を支え、ご尽力いただきました実行委員および在校生、卒業生、教職員、
保護者、近隣の小中学校や地域の皆様の更なるご活躍を祈念し、心より感謝申し上げます。
25年度からは進学重点型単位制高校としての新しい南高がスタートいたします。 活気あふれる南高生
の笑顔と、市民に愛される学校としての輝きが増すこと期待しております。

               さいたま市浦和南高等学校 創立五十周年記念事業

                                 実行委員長 佐藤 恵実

前のページへ戻る

ご案内

  • 在校生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 受験生の方へ
南高の部活動
学校自己評価シート
浦和南高等学校は、進学重視型単位制高校へ
  • 同窓会のお知らせ
  • 地域の皆さんへ
  • 人事応募・希望表明シート
学校からのお知らせを携帯でチェック
このページの先頭へ