お知らせ

2013年09月04日

SPP(サイエンスパートナーシッププロジェクト)を実施しました。

 8月20日(火)〜21日(水)、1泊2日の日程で、静岡県美保の東海大学海洋学部でSPPを実施しました。
参加した生徒は17名で、東海大学海洋科学博物館の学芸員の皆さんにお世話になり、生物学の実習を
しました。
 施設内の水族館の見学や、バックヤードを案内していただき、魚の飼育の苦労など、沢山の貴重なお話を
うかがいました。
 また、深海魚「ミズウオ」の解剖を行ったり、近くの海岸に行って海洋微生物(プランクトン)の採集と
観察などを行いました。
 ミズウオの胃から、捕食した深海魚や深海生物だけでなく、お菓子のビニール片やプラスチックゴミなどが
出てきたのを見て、生徒たちは環境汚染の実態に驚き、ゴミのポイ捨てなどが生態系に及ぼしている悪影響を
改善しなければならないと強く感じました。また、最終日に行ったシラスの解剖で、シラスの消化管の中から
前の日に観察したプランクトンが出てきたのを観察し、生態連鎖についても深く考える機会となりました。

       
(ミズウオの解剖。胃の中から出たのは・・・) (採集したプランクトンの観察風景)


(海岸に出てプランクトンを採集しました)

前のページへ戻る

ご案内

  • 在校生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 受験生の方へ
南高の部活動
学校自己評価シート
浦和南高等学校は、進学重視型単位制高校へ
  • 同窓会のお知らせ
  • 地域の皆さんへ
  • 人事応募・希望表明シート
学校からのお知らせを携帯でチェック
このページの先頭へ