お知らせ

2020年03月21日

【校長ブログ】今だからこそ5年後、10年後の自分を考えよう

 安倍首相は3月20日、新型コロナウイルス感染症対策本部で、全国一斉の休校を要請していた小中学校・高校などの再開に向け、文部科学省に具体的方針をまとめるよう指示しました。萩生田文部科学相は、春休みまでの一斉休校要請について延長しない方針を表明しました。文部科学省として、新学期からの学校再開に向けて、留意事項をまとめたガイドラインを来週の早いうちに公表する意向も明らかにしました。学校再開に向けた動きが具体化すると思いますが、私は新型コロナウイルス感染拡大防止への闘いは長期戦になると覚悟しています。

 さて、新型コロナウイルス対策もさることながら、現在の高校生の皆さんが大学進学したとして、5年後、6年後の就労環境には厳しい面もあると思います。未来の日本の担い手である皆さんは、より多くのチャンスを手にしてしかるべきだと思います。年功序列という日本型雇用体制が維持できない状況になりつつある今日、発想の転換が必要だと思います。高校生の時から、大学新卒から定年まで1社で勤め上げるという働き方だけを念頭におくのではなく、20代、30代、40代でどのような技術や能力を身に付け、転職も含めたキャリアアップすることをイメージすることが必要だと思います。

 こうした社会情勢の中で、組織の構成員としての生き方だけでなく、ますます個人としての生き方が問われるようになっています。どのような働き方、生き方をするのが正しいということではありません。自分自身が「どうありたいか」「どうしたいか」という意志を持って、選択することが大切だと思います。

 私は、浦和南高校生には生徒の皆さん自身が思っている以上に学力的な実力はあると思っています。私自身、これまでの人生を振り返って記憶に蘇ってくるものは、「自分なりに全力で行動した」ときの記憶です。南高生には、臨時休業で部活動も休止中である今だからこそチャンスです。高校卒業後の進路を真剣に考え、その実現に向けて「全力で行動」しましょう。南高で学習と部活動を両立させ、志望大学に合格するためのポイントを2つ紹介します。

1 大学進学への高いモチベーション

 「大学に行って〇〇を勉強したい」「〇〇大学に進学したい」という明確かつ強い動機を持っていること。受験勉強を実行・継続するためにはモチベーションが必要です。私の場合は、高2の時にたまたま友人に誘われて大学を訪問し、「この大学に進学してこの勉強をしたい」という気持ちがモチベーションになっていました。現在の自分の学力にあわせて志望校を決めるのではなく、早めに志望校を決めて、直接大学を訪問するとモチベーションは高まります。大学のキャンパスのド迫力には驚くはずです。

2 自分自身へのプライド

 途中で止めることに対して「一度決めたことを妥協したり、手を抜くなんて、自分自身が許せない」と思うメンタルを持っていること。このメンタルは部活動などで培われます。このメンタルが、最後までやり抜く力につながります。

 大学入学共通テストは、令和3(2021)年1月16日、17日です。2年次生は、ちょうど300日、1年次生は665日です。新型コロナウイルスの世界規模での感染拡大は、大学入試にも影響があるかもしれません。どのような状況になっても、皆さんで協力してピンチをチャンスに変えられるようにしましょう

前のページへ戻る

ご案内

  • 在校生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 受験生の方へ
気象警報発令時の授業対応
南高の部活動
学校自己評価シート
浦和南高等学校は、進学重視型単位制高校へ
  • 同窓会のお知らせ
  • 地域の皆さんへ
  • 人事応募・希望表明シート
学校からのお知らせを携帯でチェック
このページの先頭へ