トピックス

【校長ブログ】凧をあげよう(Let’s Go Fly a Kite)(2021年04月09日)

4月7日、浦和南高校では令和3年度着任式、始業式、報告会をオンラインで行いました。着任式では浦和南高校に転出された14名の教職員の紹介と着任された14名の教職員の自己紹介を行いました。始業式では校長講話、報告会では卓球部の 萬 駿介 君の表彰と報告がありました。コロナ禍ではありますが、有意義な1年間を過ごしてもらいたいと思います。始業式の校長講話を紹介します。

 いよいよ令和3年度がスタートします。学校内に生徒の皆さんの元気な声が響いていました。臨時休業期間中の1年前の4月8日は1日だけの登校日でした。1年前の4月8日、世界中の新型コロナウイルス感染者数累計は151万人とお話ししましたが、今日は1億3213万人と87倍になりました。日本では、4470人でしたが、今日は49万人と110倍になっています。この感染爆発(パンデミック)は、大きなインパクトで私たちの日常や価値観を大きく変えてしまいました。新3年次生、新2年次生の生徒諸君は、人生において最も楽しいはずの高校時代を大きな制約下で過ごしています。2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞した京都大学の 山中 伸弥 教授は、昨年の3月15日からブログで科学的な視点で新型コロナウイルスの情報発信を続けています。山中教授は、「私たちが一致団結して正しい行動を粘り強く続ければ、ウイルスとの共存が可能となります。自分を、周囲の大切な人を、そして社会を守りましょう!」と呼び掛けています。

 この1年、不要不急の外出を控える中で、私もライフスタイルが変わりました。以前は、旅することが好きでしたが、どこにも出かけていません。現在は、自宅でYouTubeを見ながら、室内でバーチャル・ランニング、ヨガやピラティスをしたりしています。さて、皆さんは、ディズニー映画で「メリー・ポピンズ」(1964年)という作品を見たことがありますか?私は、数あるディズニー映画の中で一番好きな作品です。1910年のロンドンが舞台。厳格な銀行員であるジョージ・バンクス家に不思議な乳母メリー・ポピンズが歌と魔法を使って子供たちや大人に「家族の絆」という大切なことを教えくれます。シャーマン兄弟の作曲による名曲の数々。「お砂糖ひとさじで(A Spoonful of Sugar)」「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャスSupercalifragilisticexpialidocious)」「2ペンスを鳩に(鳩に餌を)(Feed the Birds)」「チム・チム・チェリー(Chim Chim Cher-ee)」「凧をあげよう(Let’s Go Fly a Kite)」。映画の中では、「子どもはかくあるべき」「女性はあくあるべき」という20世紀初頭における英国の伝統的古典的な価値観と女性参政権などの新しい時代の価値観がぶつかることも描いています。歴史を学んでいる私たちは、やがて第1次世界大戦が始まり、古典的な価値観が失われていくことを知っています。もしかしたら、新型コロナウイルスは、私たちの価値観を大きく変えてしまっているかもしれません。 

 先日、自宅で「ウォルト・ディズニーの約束」(2013年)という映画をディズニー+で見ました。原題は“Saving Mr. Banks” 直訳すると「バンクス氏の救済」ですが、日本語題名の「ウォルト・ディズニーの約束」の方が素晴らしいですね。和訳には文学的な感性も大切です。アカデミー賞俳優のトム・ハンクスとエマ・トンプソンが共演して話題になったそうですが、作品的にはヒットせず、私自身7年前の公開の時には知りませんでした。この映画は、ウォルト・ディズニーの娘が愛読していた童話『メリー・ポピンズ』の映画化を熱望し続けるウォルトと、原作者のパメラ・トラバースが映画化されるまでの20年間に渡る葛藤を描いたものです。なぜ、ウォルトがディズニーランドを作ったのかも理解できます。

  3月24日の修了式で、私は「やりたいことは、知っていることの中からしか生まれない」「そのためには、知っていることをどんどん広げて、やりたいことの時期を見つけなさい」とお話ししました。まさに、それを体現している映画です。不要不急の外出ができない現在、もしも、自分自身が思い悩んでいると思ったら、ぜひ見てみてください。「諦めない力」がもらえる映画です。日本も、世界も、新型コロナウイルスの感染拡大防止へ取組という課題に立ち向かっています。まさに「正解」のない課題に立ち向かっています。指示されたことをしっかりとやり遂げることのできる力は確かに大切な力の一つではありますが、指示されることに慣れてはいけません。慣れてしまうと、人は次第に指示をされないと動けない人間に変わってしまいます。「文武自考」の取組を意識しましょう。文武、つまり学習と部活動など全ての教育活動において、自考、つまり自ら考え、習得した知識をフルに活用して、まず、問題や課題を認識し、それを解決する方法を考え、そして、自分なりの解決策を見出すトレーニングをしましょう。様々な学びを通して、知識・能力を身に付けるとともに、考え抜く力を養い、皆さん一人一人のチャレンジ力を身に付けてください。 

 南高生の皆さん

 元気にあいさつしていますか。

 他人に優しくしていますか。

 夢をあきらめていませんか。

 志高く。

【校長ブログ】令和3年度入学式 希望に胸を膨らませましょう!(2021年04月07日)

今年は春の訪れが早く、浦和南高校内の桜も葉桜になっています。本日4月7日、浦和南高校令和3年度入学式を行いました。希望に胸を膨らませた新入生の笑顔が印象的でした。入学式の式辞を紹介します。

今日の晴れの日を待ち望んでいたかのように、今年は笹目川沿いの桜の樹々も芽吹き、春爛漫でございます。この春の佳き日に、多くの新入生の保護者の皆様方の御臨席を賜り、令和3年度さいたま市立浦和南高等学校 第五九回入学式を挙行できますことは、本校にとりまして大きな喜びでございます。ただ今、入学を許可いたしました323名の新入生の皆さん、入学おめでとうございます。教職員、在校生一同、皆さんを心から歓迎いたします。

 本校は、昭和38(1963)年に開校して以来、今年で59年目を迎えます。この間、地域の大きな期待を担いながら、政治や経済、教育、そしてスポーツ界など社会の様々な分野に、多くの人材を輩出してまいりました。まさに、浦和の地域に愛され、地域とともに歩んできた伝統校であります。本校には、「南高生の誇り十箇条」という素晴らしい座右の銘があります。

一、我らは良いことと悪いことが見分けられる

二、我らは勇気がある

三、我らは頑張りがきく

四、我らは体を大切にする

五、我らは時間の利用ができる

六、我らは思いやりの心を持つ

七、我らは礼儀を身につける

八、我らは責任を重んずる

九、我らは他人とのつきあいがなめらかである

十、我らは日本を忘れない

 新入生の皆さん、「南高生の誇り十箇条」を胸に刻み、ぜひとも「文武自考」に取り組んでください。「文武」、つまり学習と部活動など全ての教育活動において、「自考」、つまり自ら考え、習得した知識を活用し、問題や課題を認識し、それを解決する方法を考え、自分なりの解決策を見出すトレーニングをしてください。日本も、世界も、新型コロナウイルスの感染拡大防止という「正解」のない課題に立ち向かっています。「正解」は一つではないでしょう。皆さんの今までの勉強の多くは、一つの答えのある問題を解くことでした。しかし、これからは、何が問題か分からない場合もあれば、問題が分かったとしても誰も答えを知らないという状況に遭遇します。21世紀を生き抜く皆さんは、この「解」のない課題に立ち向かう能力を身に付けてください。

 令和4年4月1日に改正民法が施行され、新入生の皆さんは、浦和南高校に在学している三年生の誕生日がくれば「成人」となります。高校時代は大人になる準備期間です。皆さんは本校に入学して、これまでより生活圏が格段に広がると思います。また、電車通学という新しい体験をする人もいるでしょう。物理的な世界が広がるのをきっかけに、ぜひ想像力の世界を広げてください。皆さんが本校で多くの教科・科目を学習したり、新たな友だちを得たりすることは、皆さんが想像力を広げる上で大いに助けになると思います。想像力を広げていくことで、これから自分の果たすべき役割や、自分が信じることのできる価値を新たに見出すことができるのではないでしょうか。 

 今、世界が、日本が、新型コロナウイルス感染症に震えています。埼玉県の三偉人の一人といわれる渋沢栄一(1840〜1931)は、「どんなに勉強し、勤勉であっても、上手くいかないこともある。これは機がまだ熟していないからであるから、ますます自らを鼓舞して耐えなければならない」と言っています。今は耐える時期ではありますが、必ず人類は新型コロナウイルスを克服できるでしょう。来たるべき、アフターコロナの時代を切り開くのは、まさに君たちの世代になると思います。それまで、知力、体力、人間力をしっかりと蓄えましょう。 

 御参列の保護者の皆様、お子様の御入学、誠におめでとうございます。心からお祝い申し上げます。教育は学校、家庭、地域が一体となってお子様一人一人を育むことが大切でございます。私達教職員は、お子様が、自らの生きる道を、自らが切り開いていけるよう、全力を尽くして参りますが、お子様の健全な成長を望み、豊かな個性を育てていくためには、学校、家庭、地域がそれぞれの役割を果たしながらも、相互に補完し合い、連携を密にしていくことが重要でございます。そのためにも、是非とも本校の教育方針を御理解いただき、御支援、御協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

 結びに、本日御臨席を賜りました皆様に改めて御礼申し上げますとともに、新入生の皆さんの高校生活が充実したものとなることを祈念いたしまして、式辞といたします。

【校長ブログ】南高に慣れよう!部活動体験会(2021年03月25日)

3月25日、校内の桜も満開に近い浦和南高校では、入学許可候補者を対象にした部活動体験会を行いました。薄曇りのなか、バドミントン部、柔道部、剣道部、軟式野球部、バレーボール部、ソフトボール部、サッカー部、バスケットボール部、陸上競技部、卓球部、音楽部、書道部、吹奏楽部で実施し、延べ168名の方の参加がありました。体温測定などの新型コロナウイルス感染防止を徹底し、現役生と混ざりながら高校の部活動を体験してもらいました。入学許可候補者の皆さんの高校生活が充実したものになることを期待しています。

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 200 | 201 | 202 || Next»

ご案内

  • 在校生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 受験生の方へ
気象警報発令時の授業対応
南高の部活動
学校自己評価シート
浦和南高等学校は、進学重視型単位制高校へ
  • 同窓会のお知らせ
  • 地域の皆さんへ
  • 人事応募・希望表明シート
学校からのお知らせを携帯でチェック
このページの先頭へ