トピックス

【校長ブログ】「幸せが舞い降りる」素晴らしい贈り物(2020年06月09日)

学校に素晴らしい贈り物をいただきました。有限会社黒臼洋蘭園(さいたま市見沼区染谷)様から、学校にご丁寧なお手紙とともに、写真のとおり立派な胡蝶蘭を頂戴いたしました。お手紙をご紹介いたします。

「この度はコロナウイルス感染拡大防止に伴い、皆様方は大変な生活を余儀なくされていることと思います。日頃から地域の皆さま方に支えていただいている私達が、何か恩返しができないものかと考えていました。胡蝶蘭は「幸せが舞い降りる」という素晴らしい花言葉があります。私達が育てた胡蝶蘭で、少しでも先生方や生徒、保護者の方々の癒しになれますことを願っております。緊急事態が解除されますが、先生方のご苦労が続くと思います。皆様の益々のご繁栄を心からお祈り申し上げます。どうかご自愛ください。」

浦和南高校では、1・2年生の生徒玄関に置きました。本日から、三者面談も始まり、ご来校された保護者の皆様も感激していました。教職員も「元気」をいただきました。明日登校してくる生徒諸君も驚くと思います。生徒・保護者・教職員を代表して(有)黒臼洋蘭園 様に御礼申し上げます。

【校長ブログ】白い紫陽花(2020年06月08日)

6月になりましたが、今日も強い日差しで暑いです。間もなく梅雨入りになるのでしょうか。校内で紫陽花(あじさい)を見つけました。あじさいは色ごとに花言葉があるそうで、白いあじさいの花言葉は「寛容」です。

今週も分散登校+オンライン授業です。新型コロナウイルス感染の世界的な拡大で、世界中で心にまでウイルスが感染している感じがします。寛容さを失わない社会が大切です。

【校長ブログ】正常性バイアスを乗り越えて(2020年06月05日)

 正常性バイアス(normalcy bias)は、社会心理学、災害心理学などで使用されている心理学用語で、自分にとって都合の悪い情報を無視したり、過小評価したりしてしまう特性のことです。多少の異常事態が起こっても、それを正常の範囲内としてとらえ、心を平静に保とうとする働きのことです。この働きは、人間が日々の生活を送るなかで生じるさまざまな変化や新しい出来事に、心が過剰に反応し、疲弊しないために必要な働きだそうです。

 新型コロナウイルスに対しては、私自身、正常性バイアスに陥らないように情報収集し、生徒・教職員の安心安全の確保を第一に注意していましたが、4月の本校教員の新型コロナウイルス感染に関し、保護者、生徒諸君、地域の皆様をはじめ本校関係者の皆様には、ご不安ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。また、保護者の皆様やご家族の皆様にも、自宅待機をされた方もいらっしゃったと伺っており、それぞれの職場にもご迷惑をおかけしました。

 新型コロナウイルスという目に見えぬこの恐怖は、私たちを疑心暗鬼にします。ウイルスが、私たちの心にまで感染し、感染者やその関係者への差別や中傷をすることは、社会の希望を失わせることにつながると思っています。4月の対応の中で、保健所の方々、医療従事者の方々、社会を支える配送業務に従事される方々など、感染リスクが高まるなか、予防を徹底しながら、日夜、懸命に働いてくださっている方々のことを忘れてはいけないと実感しました。

 新型コロナウイルス感染症対策専門家会議では、「感染症でリスクゼロはありえない」と言っています。6月1日から学校は分散登校で再開していますが、発熱や風邪のような症状、倦怠感などがみられる場合は、自宅で休養することが必要です。特に、発熱した後、平熱になった後に再度発熱した事例もあるので無理をしないことが大切です。「自分は大丈夫」という正常性バイアスを乗り越えることがポイントだと思います。

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 180 | 181 | 182 || Next»

ご案内

  • 在校生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 受験生の方へ
気象警報発令時の授業対応
南高の部活動
学校自己評価シート
浦和南高等学校は、進学重視型単位制高校へ
  • 同窓会のお知らせ
  • 地域の皆さんへ
  • 人事応募・希望表明シート
学校からのお知らせを携帯でチェック
このページの先頭へ