トピックス

【校長ブログ】全校オンライン授業がスタート(2020年05月27日)

5月25日から全校生徒を対象にした全校オンライン授業がスタートしました。これまでは一部の先生方が先行して取り組んでいましたが、全校オンライン授業という新たなチャレンジです。午前8時30分から6時間目まで、年度当初の時間割どおりの授業が行われています。先生方は、実際に授業を行う教室でオンライン授業に取り組んでいます。先生方もこの臨時休業中に試行錯誤しながら格段にスキルを高めました。ICT環境など課題もたくさんありますが、先生方も楽しみながらチャレンジしています。

生徒の声を紹介します。

「Zoomの授業に慣れてきました。でも中学よりたくさん教科があって大変だなと思いました。」(1年生)

「少し、通信環境が悪いのか、どの教科も先生の声は聞こえるけど、画面が固まってしまうことが多かったです。でも、画面の共有がだいたいの教科でしっかり見れたので、そんなに支障はなかったです」(1年生)

「今日は初めてこんなに長い間オンライン授業を受けました。 まだZoomの授業で不具合が起こってしまうものもありますが、臨機応変に対応していきたいです。」(2年生)

「オンライン授業が楽しいです。」(3年生)

1年次年次通信「勇往邁進」(2020年05月26日)

【校長ブログ】日刊スポーツ(電子版)で浦和南高サッカー部の取組を紹介(2020年05月20日)

新型コロナウイルスの感染拡大は、部活動にも、これまで考えられなかったような、大きな影響を及ぼしています。NTTデータ経営研究所を事務局とした49の企業、大学、自治体などで構成される「Sports-Tech&Business Lab」(STBL)というコンソーシアムがあります。スポーツテック&ビジネスラボ(STBL)は「異分野・異業種の連携、産官学の知見・技術の融合により、デジタル時代に即した次世代スポーツビジネス、周辺産業や地域と連携したスポーツビジネスエコシステムの創造」を目指しています。浦和南高校は、2年前から全国の高校で唯一テクノロジーによる部活動改革という分科会のプロジェクトの一つに参加しています。

非常事態宣言が出され、埼玉県はまだ宣言下にあり部活動再開のめどはまだ立っていません。5月19日付けの日刊スポーツ電子版で、民間、行政などとタッグを組んでスタートさせた「ICT(情報通信技術)導入プロジェクト」という異例の取組を生かした浦和南高校のテレワークならぬ、“テレ部活”ともいえる取組が紹介されています。

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |...| 180 | 181 | 182 || Next»

ご案内

  • 在校生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 受験生の方へ
気象警報発令時の授業対応
南高の部活動
学校自己評価シート
浦和南高等学校は、進学重視型単位制高校へ
  • 同窓会のお知らせ
  • 地域の皆さんへ
  • 人事応募・希望表明シート
学校からのお知らせを携帯でチェック
このページの先頭へ