トピックス

2016年08月04日

社会探検工房

 社会人になるための体験学習行事である「社会探検工房」は、例年、企業研究や先端技術体験が中心でしたが、今年はコミュニティの一員としての社会人としての体験学習を目的として宮城・南三陸を訪問しました。震災当時の様子から現在までの復興事業・コミュニティの再生についてたくさんの方々からお話を聞くことができました。「震災から5年5カ月たった今だからこそ、伝えたいことがある。」という言葉の重み、そのお話の内容を、南高内外に発信し「東日本大震災」を風化させないことこそ、私たちにできる最大のボランティアであると強く感じました。

   

(写真左)災害対策庁舎と盛り土工事の状況  (写真中)避難場所から海を撮影…この高さにも津波が  (写真右)海から学ぶプログラム。養殖業の復興について

前のページへ戻る

ご案内

  • 在校生の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 保護者の方へ
  • 受験生の方へ
南高の部活動
学校自己評価シート
浦和南高等学校は、進学重視型単位制高校へ
  • 同窓会のお知らせ
  • 地域の皆さんへ
  • 人事応募・希望表明シート
学校からのお知らせを携帯でチェック
このページの先頭へ